葬儀には種類の違いあり!|把握しておくとお得!

遺影

家族葬が支持されている

お焼香

故人が亡くなった時、始めに考えるのは葬儀のことです。埼玉の斎場では、近年葬儀の種類を増やしており、中でも家族葬が高い支持を受けています。その理由を知れば、より魅力を感じるでしょう。

骨の行く場所

線香

納骨堂とは骨が納められる場所を言います。近年、この納骨堂が非常に人気を集めており、その理由にお墓を建てるよりも安価であることが関係しています。利便性含めメリットが沢山ありますのでチェックしましょう。

掃除を依頼しよう

ろうそく

病死や事故死で故人が亡くなった場合、生前暮らしていた部屋を片付けなければいけません。故人の思い出の品が沢山ありますので、一人では不十分でしょう。その時は大阪の遺品整理代行業者を利用します。

様式の違いについて

棺桶

人が亡くなればまず埼玉などで葬儀を行う、ということですが、その様式は昔と今とでは大きく変わってきています。ここではそういった様式の違いについてお話していきます。昔と今とで葬儀の様式は大きく変わったということですが、一番変わったのはその規模でしょう。昔ながらのお葬式というものは、親戚や町内会の人たちの力を借りて、みんなで協力して行うものでした。そのため、町内会の人たちも参列者となり、比較的大規模なお葬式が行われることが多かったものです。しかし、近年ではそういった大きなお葬式が行われることは少なくなり、身内だけが参列する家族葬という形式がとても多くなっています。
葬儀様式もいろいろと変わってはいますが、その後のことについても変化は大きいです。その際たるものが、お墓を利用しない埋葬方法でしょう。一般的に埼玉などで葬儀が終われば火葬にしますが、その後は遺骨を納骨堂やお墓の下に埋葬することになります。土葬ではなく火葬が一般的な日本では、もはや当たり前と言える埋葬方法ですね。しかし、近年ではこのようにお墓に埋葬する以外の方法がとられることが多くなってきています。その中でも有名なものが、海洋散骨と樹木葬です。海洋散骨とは、遺骨を砕いて海にまくというものです。この場合、まくのはどこでもいいというわけではなく、きちんと許可されている海域にまかなければなりません。自然に帰れる、お墓を建てる必要がないということで人気が高まり、利用者は増えています。同じく樹木葬というのも注目を集めています。海洋散骨では遺骨を海にまきましたが、樹木葬では霊園の土に埋めます。その土には木や花が植えられ、それが墓標代わりとなります。桜やバラといったものが人気で、これも利用者が増えていますね。