葬儀には種類の違いあり!|把握しておくとお得!

式場

家族葬が支持されている

お焼香

親しい人だけで故人を送り出す家族葬が現在、埼玉で注目されていますが、そもそも家族葬とはどのようなものなのか知らない方もおられるのではないでしょうか。葬儀とは、故人とのお別れをする場所で、呼べる人数で式の大きさが変わってきます。例えば埼玉にある100人クラスの会場だと、小さい会場では足りません。プランの内容も充実しており、多くの方に見送られたい一心で選ぶ方がおられます。一方家族葬は、100人規模の壮大な式ではなく、友人や知人を入れない近親者のみの式になります。ごく親しい人だけでも送るという点では、明確な定義がないため、小さい葬式という印象が強くなります。とは言え、派手ではない分、葬儀にかかる費用はかなり削られると思って良いでしょう。

埼玉の斎場で選ばれることが多い家族葬も、単に質素な式ではありません。故人を中心に執り行う分には、かなり大切な別れの場になります。その在り方が考えられた結果、家族葬が世に広まるようになったのです。尚、葬儀は事前準備が必ず必要です。家族葬の場合、人数を明確にすると訃報の知らせをスムーズに行なうことができます。親族にも、人数を伝えておくと尚良いでしょう。安置場所を決め、段取りが完成すると、今度は埼玉にある斎場に電話を入れ、葬儀の大まかな内容を決定します。この時、故人の遺志と要望を最優先にしましょう。その中で、式にどれほどの費用がかかるのかがはっきりしてくるので、事前相談を通じ、明確な予算を知っておくことが重要です。